BLOG

高松青年会議所のメンバーの活動をご覧ください

ひとづくり委員会幹事の熊野です。
最近気付いたのですが、自分は割と辛い物が好きなようです。
周囲の人が辛いと言っても、物足りないくらいだったり、山椒(花椒というものらしい)と唐辛子がこれでもかと効いた麻婆豆腐が好みだったりと周りと比べて初めて気付きました。

先日、第2回ひとづくり委員会が開催されました。
高橋直前委員長をオブザーブに迎え、教育実践事業についてお伺いしました。

冒頭、周囲と自分を比較したことを書きましたが、ひとづくり委員会が実施する教育実践事業の「夢育プログラム」を考えた高橋直前委員長は「周りと比べる必要はない、夢が無くても悪い事じゃない」とありのままを受け入れてもらえるようにプログラムを作りたかったと力説されました。
そう!まさしく「個性解放」!
ここでひとづくり委員会の副委員長、高橋瑠奈のボルテージも上がってきます。
先輩の言葉を遮り、熱弁します!さすがです。
「今年は私が教育実践事業を担当します!」
瑠奈副委員長にとっても教育実践事業は思い入れのあるもので気合いがみなぎっています。
高橋から高橋へ教育実践事業への熱意のこもったバトンは無事に手渡されました。

委員会が終わると懇親会です。
今回の懇親会は総務・広報、まちづくり、ひとづくりの3委員会合同懇親会です!
沈んだ懇親会になったらどうしようというのも杞憂に終わり、わいわいがやがやの楽しい懇親会となりました。
もちろんお誕生日のお祝いも。
高橋直前委員長、相本例会委員会副委員長、直井まちづくり委員会副委員長、久保会員研修委員会委員、三村ひとづくり委員会委員、お誕生日おめでとうございます!
なお、高橋直前委員長は現役として再び活躍していただけるようですwww

関連記事一覧