お知らせ

(第2弾)新型コロナウィルス感染の拡大防止のための方策について

 さて、2月27日に内閣府から公益法人に対して開催の必要性を考慮したなかで、2週間の事業中止、延期または規模の縮小等の対応をとるよう要請がなされたことをうけ、当会におきましても本日まで感染拡大防止の観点から開催の必要性を考慮し、諸会議や事業の中止、延期、またICTの活用(WEB会議や動画配信等)を行ってまいりました。皆様におかれましてはご協力いただき、誠にありがとうございました。

 しかしながら、国内の実情といたしましては、感染者は増加し続けており、小規模な感染集団「クラスター」が連鎖して発生している状況であります。3月10日には、政府より10日程度これまでの取組を継続する要請も発表されました。それに伴い、当会におきましても、3月末日まで継続して例会・諸会議・会合に関しては中止・延期等の判断をさせて頂きます。

 しかしながら、対外との連携を行い、各事業の準備に当たられている委員会に関しては、活動の停止という現状には大きな支障が出ると考えておりますので、下記に記載しているルールと注意事項を守ったうえで、各委員長の判断と指揮をもとに活動を頂きますようにお願いいたします。

【委員会・ミーティング・会合等の注意事項とルール】

  1. 各委員会・ミーティング等の小規模の会合に関しては感染拡大に努めて、組織内だけでなくメンバーの企業や家庭などにも、感染リスクを与えないように実施して下さい。
  2. 出来る限り、WEB会議の実施、参加動員をお願いします。
  3. 会合する際には手洗い・うがい・マスクの着用を必ず守り実施して下さい。
  4. 体調の悪い方、また37.5度以上の発熱のある方の出席は厳禁でお願いします。
  5. 会合する際には出席者同士の距離が狭くならない、広い環境で実施して下さい。
  6. 会合の前後、また休憩の際には必ず換気をしっかり行って下さい。
  7. 懇親会等の開催は控え、また出席者が密接に関わるような場面が無いようにして下さい。
  8. 会合の時間は工夫して、出席者同士が過度に長く接触することが無いようにして下さい。
  9. 会合する場合はメンバーの意思を尊重して無理な出席強要を行わないようにお願いします。

 

 なお、これらの方策は、新型コロナウイルスの感染拡大の動向を注視しながら適宜見直しを行いますので、ご留意いただきますようお願いいたします。

最近の記事

PAGE TOP