スタッフブログ

「第1回かがわSDGsアワード」開催in国際ホテル(2019.11.2)

2019年11月2日、「第1回かがわSDGsアワード」を国際ホテルにて開催いたしました。
「第1回かがわSDGsアワード」では、香川県内の中小企業の優れたSDGsの取り組みを称え、その活動を広く発信し、地域でのSDGsの認知向上と機運を高めるため、1次審査を通過した5社による自社でのSDGsの取り組みをプレゼンテーションしていただきました。

ファイナリスト5社の取り組み一覧はコチラからご覧ください!!

まず、初めに「株式会社ツチヨシ アクティ」様からプレゼンテーションをしていただきました。
株式会社ツチヨシ アクティ様は西日本を中心に鋳造業を主力とされている企業です。取り組みとしては、廃棄物や廃棄物をゼロにするゼロエミッション、安心安全な水の提供など様々なSDGsの取り組みを行われています。
またワークライフインテグレーションやキャリアデザイン、ジェンダーなどにも積極的に取り組まれておりました。

2社目は、「株式会社サンクラッド」様にプレゼンテーションをしていただきました。
株式会社サンクラッドは、学生服のリユースshopである「さくらや」を営んであります。学生服未来応援ファンドは内閣府「子供の未来応援国民運動」に参画し企業、行政、団体の皆様と一緒に取り組む活動を行っております。今後一緒にSDGsに取り組んでいくために、学生服回収ボックスを設置していただける企業も募集されております。

3社目は、「株式会社 菅組」様にプレゼンテーションをしていただきました。
株式会社 菅組様は弘化五年(江戸末期1848年)から香川県を中心に建築工事業をされております。「木とともに」ある暮らしを提唱されています。
その中で、大黒柱の為に伐採した端材から割り箸を制作されたり、SDGsのバッチを制作されたりと自然を大切にされる活動をたくさん行っております。

4社目は、「株式会社ビットコミュニケーションズ」様にプレゼンテーションをしていただきました。
株式会社ビットコミュニケーションズ様は、WEB事業、システム・アプリ開発事業等様々なIT関係事業をされております。
その中で、誰にでも取り組める身近なSDGsとういことで、たくさんのSDGsに取り組み周知活動を行っておられます。

最終の5社目は、「株式会社サンテック」様にプレゼンテーションをしていただきました。
株式会社サンテック様は、多くの留学生をインターン生として受け入れる等グローバルに活躍されております。
「従業員第一、顧客第二主義」を経営理念に、従業員とその家族の幸せを考えることで良い仕事を生み出し、顧客満足と継続的な取引という好循環に繋げたり、「日本のモノづくりを通じて国際社会をより豊かにする」を理念に、海外からの技能実習生が帰国後に、日本で身につけた技術を活かす場をつくり、雇用創出に繋げたりと様々なSDGsに関わる取り組みをされておりました。

会場投票の集計が終わり、

表彰式です。

審査員特別賞・・・株式会社ミヤプロ様
JICA四国賞・・・株式会社菅組様
百十四銀行特別賞・・・株式会社ツチヨシアクティ様

高松市長賞・・・株式会社ビットコミュニケーションズ様
香川県知事賞・・・株式会社サンテック様

が各賞を受賞されました。

そして、最終選考の5社から選ばれたグランプリは・・・

株式会社サンクラッド様が受賞されました。

最後に審査員として参加されておりました、 JICA四国 所⾧ 小林 広幸様より講評をいただきました。

「第1回かがわSDGsアワード」は香川県内の素晴らしい企業様の取り組みを広く発信し、地域でのSDGsの認知向上と機運を高める事業となりました。

ご協力・ご協賛いただきました皆様本当にありがとうございました。

最近の記事

PAGE TOP