香川県高松市丸亀町2番地13 高松丸亀町弐番街3号館4階

香川ブロック協議会「命をつなぐ三者対談~地域を結び、未来を創る」事業に参加

2017年5月27日(土)に高松センタービル大ホールで開催された(公社)日本青年会議所四国地区香川ブロック協議会主催の事業である「命をつなぐ三者対談~地域を結び、未来を創る~」事業に参加いたしました。

この事業は、高松青年会議所から出向している藤本三仙委員、二川晃一委員が所属する地域再興委員会の担当事業です。

この事業への参加の感想ブログがありますので、こちらをご覧ください。

 

まず、主催者である香川ブロック協議会丹生兼嗣会長による挨拶、

そして、来賓を代表して、浜田恵造香川県知事による挨拶がありました。

さらに、事業に先立ち地域再興委員会の阿部佑典委員長(小豆島青年会議所から出向)による趣旨説明がありました。

 

 

災害時相互協力協定・締結式

第一部として、社会福祉法人香川県社会福祉協議会と(公社)日本青年会議所四国地区香川ブロック協議会との間で災害時相互協力協定を締結しました。

災害時に社会福祉協議会が設置する災害ボランティアセンターの運営について、香川ブロック協議会が協力・支援する等が内容となっています。

 

三者対談

第二部として、「命をつなぐ三者対談~地域を結び、未来を創る~」と題して、岩原廣彦氏(香川大学危機管理先端教育センター副センター長)をコーディネーターとして、秋山浩章氏(香川県危機管理総局危機管理課長)、日下直和氏(香川県社会福祉協議会事務局次長兼地域福祉部長)及び丹生兼嗣会長によるパネルディスカッションが行われました。

香川県,社会福祉協議会、青年会議所のそれぞれの立場から、活動概要や課題・要望について議論なされました。

 

最後に、藤本委員は司会として、二川委員はカメラマンとしてその職を全うしておりました。

 

SNSでフォローする