香川県高松市丸亀町2番地13 高松丸亀町弐番街3号館4階

防災対策は万全?

いってきました!四国地区香川ブロック協議会事業「防災・減災セミナー」。

 

心でわかっていても中々取り組めない災害対策、南海トラフ地震が発生した場合、皆さんはどうしますか?

 

災害は発生時だけでなく、その後の復旧活動や地域経済まで影響が及び厳しい状況が想定される中、いかに被害を減らすかが重要です。

 

しかし、危機感はあるんですがBCPプラン策定まで至っておりません。

 

この事業では、社会福祉協議会及び四国地区香川ブロック協議会で災害時相互協力協定を結び、パネルディスカッション形式で「命をつなぐ三者対談」が行政、社協、民間の立場から行われました。

 

百聞は一見にしかず、各団体では様々な準備がされていました。

 

しかし災害時は必ずパニック状態に陥ります。

もし予めBCP体制を確立しておけば災害発生時タイムリーに行動できますので、事前に各団体専門家の適切な指導を受け、また過去の災害事例を参考にしながら、仲間、そして自身の命を守る準備をしようと思います。

 

本協議会を通して気づきが多くありました。

貴重な場をありがとうございました!

SNSでフォローする