香川県高松市丸亀町2番地13 高松丸亀町弐番街3号館4階

9月例会のご報告

2017年9月5日(火)、レグザムホール(香川県県民ホール)小ホール棟5階「玉藻」にて9月例会を開催いたしました。

 

9月例会事業は、合田政義委員長が率いるひとづくり委員会が担当して開催されました。

同例会は、「共育フォーラム~これからの時代に求められる教育とは~」をテーマに、子どもたちが社会に出た時に、たくましく生きていける大人へと成長するために、学校教育を社会全体で応援することの大切さを学び、学校、家庭、地域が一体となった「共育」の重要性を学ぶことを目的としていました。

第1部では、「三方良しの共育づくり」と題して、河田祥司氏(高松市教育委員会総合教育センター指導主事)による講演会が開催されました。

講演では、河田氏が小学校教諭として勤務していた際の経験談を中心に、子供たちにどういう力をつけさせ、成長にどうつなげていくかということを話していただきました。

 

また、参加者が講演をグラフィックレコーディングしていましたので、併せてご紹介いたします。

 

第2部では、河田祥司氏に加え、宮武将大氏(一般社団法人hito.toco(ヒトトコ)代表)と泉丈二氏(高松市立大野小学校PTA会長)とともに、パネルディスカッションを行い(コーディネーターは合田委員長)、それぞれの経験をもとに学校、家庭、地域が一体となった「共育」の重要性についての話がありました。

 

 

最後に、例会事業を担当したひとづくり委員会の面々と講師・パネリストの方々です。

SNSでフォローする